2019年01月07日

<意識改革> 家庭的な男を育てる心理 ~夫はいつも新人研修~ 

今回は、家庭的になるための心理を

ひも解いていきたいと思います!!

男の人は家庭に対してこんな考え方が多いと思います。

・休みの日ぐらいゆっくりしたい

・家のことは奥さんがやってくれる

・家事は言われたらやろう


そして、家事を手伝ったときに奥さんによく注意されることがある

「それを片付ける場所はそこじゃない!」

「洗濯物の干し方・畳み方が違う!」

「食器に油汚れが残っている!」

などそれぞれの奥さんによって決まっていルールができず、怒られたり・・・
否定.jpg

しかし、男の人はこう考えてみてください!

<家庭は24時間365日勤務の会社>

いつも会社では

報告・連絡・相談→ほうれんそうを日常的に行っているはず

しかし、家庭に帰ると・・・

・自分から動こうとしない→協調性がない

・誰かがやってくれるだろう→他人任せ

・作業の確認ができない→確認不足

・作業のマニュアルを守れない→正しい作業を任せれない

・作業が雑→丁寧な仕事ができない

一般企業がこんな人を雇い・給料を支払おうと思うでしょうか??

女の人(奥さん)は常に勤務して、家庭(会社)を

よりよい環境で守ってくれています。

男の人の会社で言う、上司に値します。

上司に確認もせず勝手な行動をしたら当然怒られます。
無題 1.png

家庭に関しては、奥さんの方が詳しいわけなので

男性は<新人研修>という気持ちでいつも家庭で過ごしていけば

家庭での作業が効率的になり、家族との時間というお給料が増え

奥さんからの感謝や労いというボーナスが発生します。


男の人は、会社で日常的にできていることを家庭ではしないのではなく

家庭に帰ってからこそ、会社で身に着けてた力を発揮してほしいものです。

そうすることで、男がやるべき奥さんの笑顔づくりになるでしょう!!


そして、女性(奥さん)に関しては、男性をうまく転がすこと!!

これが一番大切なこと!!

女性は生物的に男性よりコミュニケーション能力が高いです!!

そのため、男性を良く褒め・よしよししながら育てていくのです。

男は単純で、褒められると嫌でもなんやかんや行動してしまうのです。(笑)


また、両者に言えることは

<どっちが偉いか・どっちが大変かを競わない>

家庭を支えているのは、旦那さんだけでも奥さんだけでもなく

両方の力があるから成り立っているのです!!

お互いの大変な部分を言い合っても不毛な戦い。

お互いに頑張っていることを認め合い・感謝する心が

ストレスなく過ごしていける秘訣だと思います!!


笑顔で幸せな家庭で過ごしてく情報になれば幸いです!!



posted by 三日坊主 ヤサグレのタサキ at 08:42| Comment(0) | ~笑顔で幸せな生き方~ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください